西長堀動物病院≫猫の病気の予防>腎不全

大阪市狂犬病予防業務委託動物病院

大阪ドームもすぐ近く!!(※ドーム前歩道橋で川を渡ってください)
06-6532-8711

ではさまざまな症例を紹介しております。病気のご理解にお役立てください。

尿管ステント設置術


  • 腎後性腎不全の一つである尿管閉塞を開通させる為の手術。猫で多い手術です。

  • 尿管の閉塞部位を解除して、尿管に専用の尿管ステントを留置します。
  • 尿管の閉塞部位が解除できない場合は、尿管を途中で切断して直接膀胱に縫合した上で再閉塞予防に尿管ステントを留置します。




2018-09-19 (1).png2018-09-19 (2).png

猫の尿管の内径(1mm前後)はとても細い為、尿管ステント(外径0.73~0.86mm)は更に細く作られています。
尿管ステントは、体の拒絶反応が起きにくく作られています。

新しく動物をお迎えの方へ

手術について

輸血について

神経疾患(椎間板ヘルニアなど)

整形疾患(骨折・関節など)

口腔内・歯

眼科

皮膚

免疫病

内分泌疾患・代謝性疾患

腫瘍

泌尿器

生殖器