西長堀動物病院≫献血犬・猫登録のお願い

大阪市狂犬病予防業務委託動物病院

大阪ドームもすぐ近く!!(※ドーム前歩道橋で川を渡ってください)
06-6532-8711

ではさまざまな症例を紹介しております。病気のご理解にお役立てください。

土日も診察しております。(日曜は午前診のみ)

献血(ドナー)犬・猫の登録のお願い

命にかかわるくらいの貧血や血小板減少症(血が止まらない病態)の時に輸血が必要になります。
しかし、動物では人間のような血液バンクがありません。
健康なわんちゃん・ねこちゃん達のご協力をお願い致します。

献血してくださる方は、あらかじめご登録をお願い申し上げます。
お申し出いただき、登録用紙にご記入をお願いいたします。
詳しくは下記またはスタッフにお尋ねください。

  • 犬:10kg以上、猫5kg以上。
  • 1~7歳。
  • 各種予防をしていること。
  • 輸血を受けたことがないこと。

  • 輸血(受血・供血)に適している血であるかの血液型の検査(無料)を受けていただけます。(犬のみ)
  • 供血の度、血液検査(無料)で健康診断を受けていただけます。
  • お礼に、血を作るのに必要な栄養たっぷりのフード+αを差し上げます。

  • あらかじめ登録が必要です。当院からの説明をお受けいただき登録用紙にご記入ください。
  • 輸血が必要な患者(犬・猫)さんが来たらご登録の電話番号にご連絡差上げます。
  • その時のご予定が合えば、病院に連れてきていただいて各種検査→採血の流れになります。(必要であれば、こちらからお迎えに上がることも可能です。)

*採血量はその子の体重に合った安全な範囲で、飼い主様と話し合いながら決定いたします。
*直前の検査で異常が認められれば、献血をやめていただく場合があります。ご了承ください。
*その他、ご不明な点はいつでもお問い合わせください。

献血登録の必要性

犬・猫では突然輸血が必要な状況になっても人間のように血液バンクがありません。
通常ですと、
①輸血が必要な状況に陥る。
→②知り合いの大きなワンちゃん、ネコちゃんを探す。
→③献血を了承してくれる飼い主さんが見つかる。
→④病院に連れてくる。
→⑤献血できる血かどうか検査する。
→⑥採血する。
→⑦輸血する。
というようにいくつもの過程をクリアしないといけません。
輸血までのスピードが肝心です。
①~⑦がすんなり行っても半日を費やす作業です。
特に②と③の献血してくれる犬や猫を探す過程でつまずいてしまっては、輸血できる頃にはもうすでに死亡しているということにもなりかねません。
そこで、少しでも②と③の献血してくれる犬・猫を探す過程を短縮するために献血(ドナー)犬・猫登録をお願いします。

新しく動物をお迎えの方へ

手術について

輸血について

神経疾患(椎間板ヘルニアなど)

整形疾患(骨折・関節など)

口腔内・歯

眼科

皮膚

免疫病

内分泌疾患・代謝性疾患

腫瘍

泌尿器

生殖器