西長堀動物病院≫診療紹介≫兔の歯切り

大阪市狂犬病予防業務委託動物病院

大阪ドームもすぐ近く!!(※ドーム前歩道橋で川を渡ってください)
06-6532-8711

ではさまざまな症例を紹介しております。病気のご理解にお役立てください。

土日も診察しております。(日曜は午前診のみ)

ウサギの歯切り(切歯=切歯)

ウサギの歯切り(切歯=前歯)

  • ウサギの歯は常生歯といって常に生え続けます。
  • 切歯の不正咬合により、歯が異なる方向に伸び過ぎると定期的に病院で切る処置が必要です。
  • 牧草を食べる量が不足してるウサギに多い状態です。


前から


横から

ウサギの不正咬合(切歯)の治療

  • 特殊な器具を使って切ります。
  • 2週間に一回が理想的です。

下の歯を切った後の写真
上の歯も異なる方向に
伸び過ぎているのがわかります。

上の歯も切った後の写真
正常の形に近づきました。
ご飯が食べ易くなります。

ウサギの不正咬合の予防

  • しっかりした量の牧草(チモシー)を食べさせる。
    • ペレットの量は少なめで、牧草をしっかりと食べさせることで正常な歯の摩耗を保つ。
    • 牧草を食べる時の『 すりつぶし 』動作で歯が摩耗され、伸び過ぎを防ぐ。

※牧草(チモシー)を食べることは、胃腸の蠕動運動も促し、ウサギの胃腸停滞症候群(突然の食欲廃絶)をも防ぐことに役立ちます。

新しく動物をお迎えの方へ

手術について

輸血について

神経疾患(椎間板ヘルニアなど)

整形疾患(骨折・関節など)

口腔内・歯

眼科

皮膚

免疫病

内分泌疾患・代謝性疾患

腫瘍

泌尿器

生殖器