西長堀動物病院≫診療紹介≫股関節形成不全

大阪市狂犬病予防業務委託動物病院

大阪ドームもすぐ近く!!(※ドーム前歩道橋で川を渡ってください)
06-6532-8711

ではさまざまな症例を紹介しております。病気のご理解にお役立てください。

土日も診察しております。(日曜は午前診のみ)

股関節形成不全

股関節形成不全とは

  • 成長期の犬に発症する股関節の亜脱臼( しっかりと噛みあっていなくかなり緩い関節の状態 )あるいは 完全脱臼を特徴とする疾患。
  • 軽度から重度の関節炎が発症する。
  • 症状が出始める時期は、仔犬の頃(5~10か月)と5歳以降の成犬が多い。
  • 症状は慢性で進行性である。
oreo 2.jpgoreo 2.jpg

股関節形成不全に起因する関節炎のレントゲン像
①寛骨臼(骨盤側の関節の受け皿)
②大腿骨頭(太ももの骨の関節の頭)
③大腿骨頚(太ももの骨の関節の首)
の重度の変形

股関節形成不全の症状

  • 軽度から重度の痛み⇒びっこ、散歩を途中で嫌がる、上る動作を嫌がる、モンローウォーク(お尻を振って歩く)
  • 突然の股関節完全脱臼。

股関節形成不全の治療

  • 内科的治療…約60%の症例に有効とする報告がある。
    • 運動管理、体型管理
    • 消炎鎮痛剤
    • サプリメント
  • 外科的治療…内科的治療を行っても良好な反応が得られない場合。
    • 大腿骨頭切除術(切除関節形成術)
    • 三点骨切り術
    • 股関節全置換術
    • ※青字…当院で受診可能な治療法

新しく動物をお迎えの方へ

手術について

輸血について

神経疾患(椎間板ヘルニアなど)

整形疾患(骨折・関節など)

口腔内・歯

眼科

皮膚

免疫病

内分泌疾患・代謝性疾患

腫瘍

泌尿器

生殖器